デンタルマイクロスコープの新基準

OPMI® PROergo

OPMI® PROergo

高い精度と低侵襲性が求められる今日の歯科医療において、必須となりつつあるアイテム、それが手術用顕微鏡です。
カールツァイスは、半世紀以上に渡って光学器械の研究・開発・製造に専念し、グローバルスタンダードを築き上げてきました。「We make it visible. ---肉眼では見えないものを見えるようにする。」これが私たちのビジョンです。性能・品質を追求し続けてきた手術顕微鏡OPMI®シリーズは世界中の様々な医療分野で認められています。

歯科用顕微鏡のフラッグシップモデルであるOPMI® PROergoシリーズは人間工学を追求し、最新技術を駆使して開発されました。歯科医療における全てのニーズに応え、新しい未知なる可能性を広げることでしょう。

最高級機種

カールツァイスのOPMI®シリーズでは、3色の色収差を補正したT*マルチコートアポクロマートレンズを採用しています。
これに加え、ファイバーライトガイド式同軸照明システムにより、明るくクリアな拡大視野が得られることでしょう。
光学系にとどまらず、OPMI® PROergoシリーズは独創性あふれる多彩な特徴を持っています。
これらの機能が治療のクオリティ、医師および患者の快適さ、ひいては両社のコミュニケーションをより高めることでしょう。

OPMI PROergo

電動ズーム

ZEISS伝統の1:6のズームシステムは、観察倍率に応じて照明の明るさを自動的に可変させます。

電動バリアブルフォーカス
オートフォーカス機能 SpeedFokus(オプション)

対物レンズ下面から観察部位までの距離を200~415mmの間で連続的に可変。
操作はハンドグリップで簡単に行えます。フットスイッチ(オプション)での操作も可能です。

また、オートフォーカス機能は、カメラからの映像信号を解析し、フォーカシングにフィードバック、ボタンひとつで焦点を合わせることが可能。
鮮明な術野を視野内に捉えるのに要する時間は平均2.5秒です。

2種類の照明システム

照明システムは、3種類より選択できます。
・コストパフォーマンスに優れるハロゲン照明
・色温度が高く、自然光に近い印象が得られるキセノン照明

OPMI PROergo

鏡筒

鏡筒は、可変鏡筒とフォルダブル鏡筒の2種類を用意しております。

OPMI PROergo
鏡筒部分が180°の範囲で可変し、快適な姿勢を維持します。

OPMI PROergo
2箇所ある関節が可変し、鏡筒部分が360°回転する(ローテータブル機構)のであらゆる方向から観察部位へのアプローチが可能。
ノブを+方向へ回すと、通常よりさらに50%拡大視野が得られます。(カメラでの表示には影響しません)

仕様

【変倍システム】電動ズームシステム/連続変倍1:6/ズームスピードの調整可
【接眼レンズ】標準12.5×
【鏡筒】180度可変鏡筒/フォルダブル鏡筒
【Focus】フォーカス付対物レンズ(ピント範囲は13mm)
【照明システム】ハロゲン照明/キセノン照明(UVオレンジフィルタ/コントラストグリーンフィルタ)
【照明機構】ファイバーライトガイド同軸照明
【定格電圧】交流100V 50-60Hz
【最大消費電力】1000VA
【適合規格】DIN EN 60601-1, DIN EC 60601-1, UL 60601-1, CAN/CSA-C22.2 No.601.1
【電撃に対する保護の形式】クラスⅠ機器
【電撃に対する保護の程度】B形装着部をもつ機器

【薬事情報(フロアスタンド)】販売名称:手術顕微鏡EXTARO 300、製造販売届出番号:13B1X00119003130
【薬事情報(天井懸架)】販売名称:手術顕微鏡EXTARO 300 マウントタイプ、製造販売届出番号:13B1X00119003030

商品に関するお問合せはこちら

下記にご記入の上、送信してください。

内容


ご希望の商品(複数選択可)




必須歯科医院名
必須お名前
フリガナ
性別
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須郵便番号
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須電話番号
必須お取引店名
備考欄
必須送信確認